2012年度 5月の大型連休の営業日のご案内
2012 / 04 / 27

お取引先様各位

拝啓、貴社ますますご盛栄のこととお喜び申しあげます。

平素は格別のご高配を賜り、厚くお礼申し上げます。

さて、下記の通り弊社の5月大型連休の日程をご案内いたします。

ご繁忙の折り、皆様には大変ご迷惑をおかけいたしますが、

ご協力下さいますようお願い申し上げます。

敬具

平成24年

4月28日(土) 通常営業

4月30日(月) 通常営業

5月1日(火) 通常営業

5月2日(水)~5月6日(日) 休日

5月7日(月)より通常営業となっております。

<注意>
加工受託は問題ありませんが
材料や処理の手配におきましては
仕入れ先や協力会社の日程上対応が難しい場合もございます。

以上

株式会社 上野製作所
群馬県伊勢崎市市場2-1142
TEL:0270-63-1688
FAX:0270-63-0637

-NSSC-FW2シリーズ 板金加工 サンプル製作-
2012 / 03 / 20

前回のNSSC-FW1シリーズに続き
http://www.ueno-ss.com/archives/1199

上野製作所では新日鐵住金ステンレス様が開発した
通常のニッケル系SUS304相当の

「NSSC-FW2シリーズ」

の板金加工サンプル製作を新日鐵住金ステンレス様の協力により製作いたしました。

■■NSSC-FW2シリーズとは■■

NSSC-FW2シリーズとは新日鐵住金ステンレスが2010年12月に開発した
通常のSUS304相当の耐食性を実現するとともに、
クロムやニッケルの含有量を40%削減することに成功した。
ポストSUS304となるべく汎用鋼である

表面は2B材のようにくすんだ様子やなく
430材の表面のように多少の鏡面は見られる。

さらに特徴とは(NSSC詳細ページへ)

■■加工サンプル■■

今回の加工においては通常の304材との違いが
板金加工において生じるのか通常の加工方法にて
検証しながら製作いたしました。

<抜き加工>

金型&レーザー加工による複合加工

金型加工およびレーザー加工においては
従来の304材との設定と変更なく加工可能。
仕上がりについても問題ナシ。

曲げ加工においても
SUS304材の伸び値設定と変わらず曲げ加工が
可能。

<溶接加工>

TIG溶接にて突き合わせて部を溶接

ウラ側 溶接箇所

オモテ側

溶接条件について304材との相違はみられず。

<コゲ取り処理>

TIG溶接箇所の電気焼け除去問題なし。

■■その他のサンプル■■

水漏れなどがNGとなるオイルパンも
製作いたしました。
水漏れの有無を確認するため発色塗料を
使用して確認しましたが、水漏れは見られない
漏れ不可となる製品にもFWシリーズへの対応も可能

今回用意できた板厚は1.5tのみとなっており
量産加工という場合であれば別途手配が必要となってしまいます。

レアメタルによるコストや調達のリスクを減らす傾向が見られます。
板金加工においてもニッケル・クロムを削減しつつ耐食性や防錆性に優れた
NSSC-FW2シリーズによる登場は
いままでの品質レベルを向上させるものだと思います。

「自社の製品にNSSC-FW2が使えるのか試してみたい」という

お客様がいらっしゃいましたら、是非ご連絡ください。


サンプル製作が出来るか問い合わせをしてみる

-NSSC-FW1シリーズ 板金加工 サンプル製作 -
2012 / 03 / 14

今回、上野製作所では新日鐵住金ステンレス様が開発した
通常のSUS材よりもレアメタルの含有量を押え、
なおかつ、耐食性を向上させた

「NSSC-FW1シリーズ」

のサンプル加工を新日鐵住金ステンレス様のご協力により製作いたしました。

■■NSSC-FW1シリーズとは■■

NSSC-FW1シリーズとは新日鐵住金ステンレスが2010年に開発した
高耐食・低クロム高純度フェライト系ステンレスの名称で
世界初のSn(スズ)を添加することにより通用の430材以上の耐食性を示し、
錆の発生についても従来の430材よりも軽微となっています。
また、溶接や絞り加工といった加工での加工性に優れています。

さらに特徴とは(NSSC紹介ページへ)

■■加工サンプル■■

今回の加工については通常の430材との違いが
板金加工において生じるのかを検証しながら製作いたしました。

<抜き加工>

金型&レーザーによる複合加工

レーザー加工 切断面

金型加工およびレーザー加工においても
従来の430材の設定と変更なく加工し仕上がり具合については
上記写真通りとなります。

<溶接加工>

TIG溶接にて突き合わせ部を溶接

溶接加工による違いは見られませんでした
加工性についても従来の430材と遜色なし。

コゲ取り処理

TIG溶接箇所の電気焼け除去問題なし

■■その他サンプル■■

オイルパンなどに使用する場合には四隅の溶接箇所の
水漏れを発色塗料にて確認漏れは見られない。

今回用意できた板厚は1.5tのみとなっており
量産加工という場合であれば別途手配が必要となってしまいます。

レアメタルによるコストや調達のリスクを減らす傾向が見られます。
板金加工においてもクロムを削減しつつ耐食性や防錆性に優れた
NSSC-FW1シリーズによる登場はいままでの品質レベルを
向上させるものだと思います。

「自社の製品にNSSC-FW1が使えるのか試してみたい」という
お客様がいらっしゃいましたら、是非ご連絡ください。

サンプル製作が出来るか問い合わせをしてみる

-鉄 6ミリ丸棒曲げ加工をお探しの方へ-
2012 / 01 / 14

電気機器メーカー向けに鉄の丸棒にて曲げ加工を行いました。
寸法: 横117×縦79×高さ17 6Φ丸棒
加工数:70ケ

L形状に曲げるとは異なり、

写真のような段差がある形状と曲げ加工までの寸法が短い加工となっています。

通常曲げる際に金型による加工キズがついてしまいます。
お客様にはそのキズがNGということで
専用金型を製作し、加工を行いました。

それにより、外観の目に見える箇所でのキズは改善され
製作することができました。

弊社は弊金加工会社ですが、
お客様からは

「こうい加工はできますか?」

という声を多く聞きます。
弊社では対応しきれない部分もありますが
今回のような板材以外でも加工製品を提供できればと思っております。

この製品の詳細や金額はこちら

似た製品が出来るか問合わせをしてみる

2012年 新年のご挨拶
2012 / 01 / 07
お客様各位
ご挨拶
新年あけましておめでとうございます。
旧年中は格別なご高配を賜り、まことに有難く厚く御礼申し上げます。
本年も、より一層のご支援を賜りますよう、
従業員一同心よりお願い申し上げます。
敬具
平成24年1月
〒379-2211
群馬県伊勢崎市市場2-1142
電話:0270-63-1688
FAX:0270-63-0637
株式会社 上野製作所
代表取締役 上野 修司
-ポスタースタンド 鉄製パイプカット調整加工 をお探しの方へ- 
2011 / 08 / 12

遊技施設にて使用しているポスターなどを掲載する
スタンドの高さの調整をして欲しいというご依頼でした。

現状使われているモノを預かり弊社工場にて加工を
いたしました。

既存品の高さは約1400㍉、
それを行き交うお客様へのアピール向上などを目的に
高さ1000㍉に調整をして欲しいというご依頼でした。

加工方法の提案として

・パイプを任意の位置で400㍉分 切断し溶接にて結合

・構造上バラバラになるのであればパイプのみ400㍉切断し再組み立て

となりました。

組立構造が

このような手作業で組み立てられる構造でしたので、
パイプのみ取出し先端から400㍉電動ノコギリにて切断いたしました。

ノコギリでの切断でしたので切断面はこのような切り口になります。

加工組立後写真のように高さ1000㍉以内での仕上がりになり
傾斜させて掲示も行うため土台との間に隙間も確保し調整可能です。

現在お使いの備品の調達にはコストと時間を要します。
現状のモノに「カットする」「ネジをきる」といった調整が必要であれば
追加加工で済ますというのも検討できるのではないでしょうか。

そういったご相談ごとがございましたら、
どうぞお問い合わせください。

この製品の詳細や金額はこちら

これに似た製品が出来るか問い合わせをしてみる

-2011年度 夏季休業について-
2011 / 08 / 12

お取引先様各位

拝啓、貴社ますますご盛栄のこととお喜び申しあげます。

平素は格別のご高配を賜り、厚くお礼申し上げます。

さて、誠に勝手ながら、下記の通り夏季休業とさせていただきます。

ご繁忙の折り、皆様には大変ご迷惑をおかけいたしますが、

ご協力下さいますようお願い申し上げます。

敬具

平成23年 8月13日(土) ~ 8月16日(火)

8月17日(水)より通常営業となっております。

以上

株式会社 上野製作所
群馬県伊勢崎市市場2-1142
TEL:0270-63-1688
FAX:0270-63-0637

-42.7Φ パイプ曲げ加工 をお探しの方へ -
2011 / 06 / 18

鉄製のパイプ 42.7Φ 2.3t のパイプ曲げ加工を行いました。
通常の曲げ加工機(ベンダー)
での加工ではなく、専門の協力メーカーにて
加工を依頼しました。

「なぜ、社内のベンダー加工で出来ないのか?」

板金加工で行う曲げ加工とパイプの曲げ加工とでは
加工方法が大きく異なるからです。

通常の曲げ加工を行う際には板材を多く扱う板金加工では
ベンダーと呼ばれる下記のような機械にて加工を行います。
参考:株式会社アマダ 様
HPより参照HDS-NTシリーズページへ

このような加工機で曲げを行った場合には
適度なR形状がつくることが出来ない。
加工の品物にキズが生じてしまう。
など適さない点があります。

そこで、下記のような機械や方法により
パイプを曲げて図面記載のR形状や寸法を作り出します。

参考:HPより参照 パイプ曲げ加工方法と機械

それにより、写真のようにキズのない加工が
でき製品として仕上がります。

切断加工も合わせておこないました。
バンドソーという刃による切断をおこないましたので

切り口がこのような仕上がりです。

お客様や図面によっては
次工程に溶接加工があり最終的な製品として
出荷されていきます。

社内に設備や技術がなくとも
協力メーカーの協力により
お客様の望む製品をつくることが出来ます。

この製品の詳細や金額はこちら

これに似た製品が出来るか問い合わせをしてみる

-ゴールデンウィーク休業のお知らせ-
2011 / 04 / 28

お取引先様各位

拝啓、貴社ますますご盛栄のこととお喜び申しあげます。

平素は格別のご高配を賜り、厚くお礼申し上げます。

さて、誠に勝手ながら、下記の通りゴールデンウィーク休業とさせていただきます。

ご繁忙の折り、皆様には大変ご迷惑をおかけいたしますが、

ご協力下さいますようお願い申し上げます。

敬具

平成23 5月2日(月) ~ 5月5日(木)

4/29は通常営業となっております。

以上

株式会社 上野製作所

-ステンレス材1.5t R加工 ロール加工 TIG溶接 をお探しの方へ-
2011 / 04 / 22

<全体写真>

写真のような液体が入るタンク形状を製作いたしました。
お客様からの要望は

「液体が入る使用のため溶接部の水漏れは無きこと」

「溶接構造が目立たないようにして欲しい(溶接跡を目立たないようにして欲しい)」

という要望でした。

R形状の加工は三本ローラーにて加工を行い折り目の無いキレイな仕上がりに
なっています。

通常、R形状の曲げ加工を行う場合はベンダーにより
小刻みに折り目を付けていくことでR形状に仕上げていきますが、
弊社の場合では三本ローラー(住谷製作所 製ウレタン三本ローラー)にて
加工を行い折り目の無い曲げ加工を行いました。

内部に液体が入る使用目的のため溶接結合部において
漏れの無いよう加工を行い、
溶接のつなぎ部もつなぎ目を分かりにくく仕上げ
お客様の要望通りに仕上がりました。

さらに1日かけてカラーチェックをしにじみ出るような漏れがないかを
確認し完成しました。

最終的な処理として、溶接部に酸洗いを行い
出荷いたしました。

板金加工は
「抜き 前工程(バリ タップなど) 曲げ 溶接 後処理」
といった多くの工程を通して完成させていきます。
この加工が1つでも加工対応が出来なかったり、協力会社へお願いすることが
あればその分単価や納期が上積みされていく可能性があります。

「この会社にお願いすれば形になって受け取れる」

そんな会社をお探しの方は是非弊社に御連絡ください

「一貫して加工し完成することができる」

これはきっと自分たちの強みであり
お客様の満足にもつながることと信じております。

この製品の詳細や金額はこちら

これに似た製品が出来るか問い合わせをしてみる