お客様のつぶやき -加工方法相談編-
2011 / 02 / 15    カテゴリー: その他 / 新着情報

「大至急で1500ヶつくってほしい」

業務用照明器具製造会社の担当者から連絡をもらったときの
第一声でした。

概要を聞くとお客様から他社でやっている仕事内容を、
図面や仕様を変えるといった検討なく依頼があったそうです。

「まずは先方にいい返事をしよう」

そこでインターネットで検索したところ弊社を知り

「なんとか協力して欲しい」

という経緯にいたったそうです。

図面の加工方法では器のようなモノを1500ヶ作り貼りあわせていくという仕様でした。
しかし、図面上ではレーザー加工によるコストと時間が必要になるのは眼に見えていました。

そこで、照明器具の仕様を短時間ながら調整してもらい
最終的には、器の形状からAL板による取付板というように加工内容を簡素化できるようになりました。

それよって何が変わったか。

1つは全体の厚さが薄くなり軽量化が図られたこと。

2つめは納め先の得意な形状・仕様にもっていけたことでお客様への優位性を示せた。

現在国内国際線ターミナルにてその照明は使われています。

図面上には設計者や製図者の意向や気持ちが強く表れています。
担当者のプライドであったり、製品への思い入れなどによって
不要な公差や過剰品質が求められることが時にあります。

しかし、そこにコスト管理やリードタイム管理といった概念を取り込むことで
加工会社にとって加工しやすい、品質が安定するなどの相乗効果を
生むことが可能です。

もちろん決まりきった仕様には施しようがありませんが

「公差がなぜ必要なのか」「この形状では品質が安定しにくい」

といった加工会社からの目線・声に耳を傾けていただければ
きっとより良い結果につながるはずです。

その図面のコストを下げる方法、一緒に考えます。