-A5052アルミ材 アルミ溶接加工をお探しの方へ-
2010 / 03 / 04    カテゴリー: その他 / 新着情報

アルミ材での溶接加工を希望のお客様からのご注文です。
溶接加工による注意点、仕上げ方法などを確認し製作いたしました。

アルミ材加工の溶接加工の依頼を受け実際の図面や
イメージ図などを参考にしながら、お客様が遠方だったため
メール等で打ち合わせをしながら望む製品を形にしていきました。

完成した製品が上の製品になります。
お客様からの注意点は

・漏れ無き溶接のこと
・仕上げは不要

とのことでした。

仕上げが不要ということでしたので

このように溶接のビードがモコモコした形状のままになっています。
アルミの溶接には通常アルミの溶接棒と合わせて溶接していくため
写真のように盛り上がる形状になります。
通常であればこの盛り上がりをなくすためにサンダーなどで
仕上げ、平らにしていきます。

<溶接箇所の裏側>

溶接の裏側からも漏れ等無く見た目もキレイに仕上がっています。

今回のようにアルミの溶接棒と合わせて溶接をおこなうと
強度を保つ仕上がりなります。

製品の詳細や金額はこちら

これに似た製品が出来るか問い合わせをしてみる