板金加工製作情報 真鍮加工
2009 / 05 / 30    カテゴリー: その他 / 新着情報

タレットパンチプレスの加工により形状に抜きタップ加工を行うという
シンプルな製品です。

真鍮とは「黄銅(おうどう)鋼」とも呼ばれる銅と亜鉛との合金です。
真鍮は、加工性、耐食性が高いので、金物製作にも向いています。

タレットパンチプレスにて加工を行う場合に気をつけなければいけないこととして、通常のSPCやSUSとはことなり
材質的にも軟質のため、加工時のカスあがりや金型の抜き不良に気をつけなければなりません。
そのまま製品として納めることもありますが、ニッケルメッキを施し表面の強度を上げる方法もあります。

材料の流通サイズとしても「小板サイズ365×1200mm」というサイズが一般的です。 

製品詳細へ