SUS材 パンチメタル材への加工 をお探しの方へ
2020 / 06 / 01    カテゴリー: その他 / 新着情報

<概要図面>

1.0tステンレス材を用いた制御カバーの加工依頼をいただきました。
80×100サイズで内側に基板取付用の板も合わせて製作いたしました。

通常のステンレス材でなく、軽量化及び放熱を考慮してパンチング材を
用いての加工依頼でした。

規格のパンチング材での加工となると取付けるボタン周辺に穴が
重なってしまいボタンの取付穴が正確に加工されないのと、
しっかりと取付けることが難しいという判断になりました。

そこでステンレスの板からオリジナルでパンチング加工を施し
取付穴周辺には穴加工を行わず強度を保つ方法にて加工いたしました。

<完成写真1>

ボタン穴周辺にはパンチング加工を施しておりません。

<完成写真2>

曲げ後の溶接もパンチング材のため、
強固な溶接では溶け込んでしまい外観を損なうので
外れない程度のTIG溶接にて接合しております。

<溶接箇所写真>

<内側基盤取付金具写真>

内側の金具についても歪みなどなく
スムーズに出し入れができるような精度で仕上がっています。

今回のようなパンチングメタル材という特殊な材料を使用した
加工において使用するボタンやネジ穴など影響を考慮する
必要な場合には既存の材料を使用するのでなく、
特殊材料を作成することで穴位置や形状など
設計に自由なアイディアを組み込むことが可能です。

これに似た製品が出来るか問い合わせをしてみる

この製品の詳細や金額はこちら

上野製作所では
通常のSPC材やSUS材だけでなく、このようなパンチング材や
エキスパンドメタルを使用した板金加工品も製作しております。

「特殊な材料への加工については断られてしまった」

「溶接までの板金加工をお願いしたい」

など手配にお困りの時にはご相談いただければと思います。

上野 修司
TEL:0270-63-1688
FAX:0270-63-0637
お問い合わせ_図面データお持ちの方はこちらへ